不動産を利用した投資

地方ではこの傾向が顕著に見られる反面東京や名古屋、沖縄などは資料によると今後人口増加する可能性が高いと見られています。地価の動きは人口集中する度合いによってそれを求めて変動するものです。よって地方では地価は将来一般的には下落傾向が見られるとされています。しかし都市のうちでも将来性が見込める地域は上に期した3地域を中心に不動産投資の意欲が高まるとされています。短期的に金利は上がらずとも長期金利は上がると見られています。政府はまだ無期限に金融緩和を行い市中にお金を流そうとしています。インフレを起こすと金利は上昇します。2020年にはオリンピック大会もあり不動産投資の熱もそこまでは過熱すると見られます。GDPについては米国において過去に経験したITの最盛期を迎えたように2030年代に再びこの時期を迎えるということで注目されています。

最近の賃貸物件は住居数が過剰になって来ていることもあってオーナーは空室が生じないようにあの手この手で策を講じて来ています。大都市や将来性の見込まれる都市では5%から6%ぐらいの利回りが見込まれる場合は低金利の時代でもあり検討しても良い話です。不動産投資セミナーにおいてはリスクも語られています。最初の10年近くはそう収益に期待は持てないというのが一般的でそれ以降がどうなるかというところがポイントです。完済後は年金収入代わりとして家賃収入が入って来るのでこの点も物件次第では十分に収益が期待できます。物件選びにおいては立地や周辺環境、築年数や構造、外観と入居者の数や層、その他のチェックポイントを精査しておく必要があり、不動産投資セミナーでも注意点としてあげられています。