会社を設立する

潰れない会社を作る方法について

現代では、様々なサービスのお陰で簡単に会社が作れるようになったのは間違いありません。会社設立の具体的な手続きも大幅に簡略化されたため、自分1人で会社を設立する人が続出した時期がありました。しかし、その後の状況を見ると、当時大量に設立された会社の大部分が廃業や倒産の憂き目にあっています。最初から潰れる会社を作りたいと考える人はまずいませんが、潰れない会社を作りたいのであれば、それなりの準備を整える必要があります。おすすめすることができるのは、専門家が提供する会社設立サポートサービスを利用するという方法です。専門家のアドバイスを受けながら会社設立を行うようにすると、安定感の高い会社を作ることができるようになります。

会社設立の専門サービスを利用する人が増えています

会社設立のサポートサービスを提供している専門家と聞くと、経営コンサルタントを連想する人が多いです。しかし、ここ数年は弁護士や税理士、司法書士などがそれぞれの特性を生かした会社設立サポートサービスを提供するようになってきています。会社を設立する際には、必ず設立登記が必要になりますので、司法書士を利用する人は昔からたくさんいました。ただし、昔は純粋に会社の設立登記手続きの代行を頼むだけのケースが多かったのですが、最近はそれ以外の部分でもサポートしてもらう人が増えています。司法書士は、弁護士にも引けを取らないほどの豊富な法律知識を有しています。ですので、会社法改正と同時に誕生した合同会社の仕組みや、現在の法制度のことなどを、とてもよく知っています。法的なサポートをしっかり受けることで設立後の会社経営を安定的に行うことができるようになるため、多くの人が司法書士を利用しています。また、税法上のメリットを最大限に活用する目的で、税理士の会社設立サポートサービスを利用する人も増えてきています。